★ 流れ星の器 ★

本ブログは基本、私・巽★敬が拝見したエンターテイメント(映画、ドラマ、アニメなど)感想、自作のイラストや小説などを掲載していくブログです。時々関係無い日記も書くかもしれませんが、お気軽にお越しください。pixivでも活動中です。https://www.pixiv.net/member.php?id=925764

映画、ミュージアムを観た感想

 

www.youtube.com 
公開日...............2016年11月12日 

ジャンル............スリラー、サスペンス
主なキャスト.....小栗旬 尾野真千子 妻夫木聡 野村周平 松重豊 伊武雅之
監督 ..................大友啓史

原作は週刊ヤングマガジンに連載されていた巴亮介による漫画作品「ミュージアム」です。

前から観たかったけど内容が内容なので中々手が出なかった本作をようやく拝見。

作品内ではかなり猟奇的なシーンも多く、
本文も数多くのネタバレが書かれているので何れ見る予定の方はご注意を。

 

 

 

 

◆ストーリーの詳細

腕利きな刑事である沢村久志(演:小栗旬)は家庭を顧みない仕事人間だった為、妻の遥(演:尾野真千子)から愛想尽かされ2週間前に息子の将太(演:五十嵐陽向)と共に逃げられてしまいます。

 

そんな中とある山奥のトンネル内で女性が磔にされたまま猛犬に喰い殺されると言う殺人事件が発生。
凶器になった猛犬が吐き出したのは「ドッグフードの刑」と書かれた一枚の紙切れ。

それは雨の日にしか現れない、雨合羽とカエルのマスクに身を包んだ不気味な男による犯行でした。

 

碌に働きもせずヒキコモリの肥満オタクには「母の痛みを知りましょうの刑」と称し、弓鋸で出生体重分まで肉体を少しずつ切り取り殺害。

 

不倫した男性には「均等の愛の刑」と称し縦から頭から縦に体を切断、遺体の部位をそれぞれ妻子と愛人の元へ送りつける。

 

整形で手に入れた美貌で男をたぶらかしてた女性には「ずっと美しくの刑」と称し、全裸のまま巨大冷凍庫に閉じ込め凍死させる。

 

など、警察の捜査をあざ笑いながら次々と狂気的な私刑を繰り返すカエル男。

被害者の共通点は皆3年前に行われた『幼女樹脂詰め殺人』の裁判に関わった裁判官および裁判員でした。

 

誘拐した4歳の幼女の遺体を透明な樹脂(クリスタル・レンズ)で固め標本のようにしたと言う異常な殺人事件として世間に報道され、
犯人である大橋茂は死刑宣告を言い渡されますが直後に自殺を図ります。
今回の連続殺人はこの大橋茂と親交ある人物の報復行為ではないかと警察は推測。

その裁判員の中には遥も含まれていました。
このままでは妻と子の命が危ないと焦る沢村ですが遥との連絡は取れず終い。私情を挟まれると捜査に支障が出る言う理由で捜査チームから外される沢村。


早急にカエル男の逮捕せんと自棄になり待機命令を無視して後輩の西野(演:野村周平)と共に幼女殺人事件について調べます。

ですが調べる内に二人の前に突如カエル男が現れます。

沢村に対しカエル男は自らを人を楽しませるアーティストだと称します。
彼にとって自分が殺した人間の遺体は全て誰にも真似できない芸術作品であり、自分が作った彫刻を観覧してもらうのと同じ感覚で連続殺人を行っていたのです。
また3年前の幼女樹脂詰め殺人事件の真犯人もこのカエル男でした。ただの冤罪だった大橋とカエル男はそもそも何の脈絡も無く、
裁判員達を殺していたのも自分ではなく碌に調べもせず誤った判決を下した大橋にばかり脚光を浴びせたと言う逆恨みでした。

 

人間の常軌を逸しているカエル男に怒りを燃やす沢村。しかし取り押さえる前に西野を目の前で殺害されてしまいます。これを切欠に沢村は警察の拘束を振り切り、単独でカエル男の足取りを追う事に。

 

カエル男は西野を殺して立ち去る祭にやたら首筋を掻きむしってた事をヒントに、
沢村は正体が重度の光線過敏症(日光アレルギー) 患者・霧島早苗(演:妻夫木聡)である事を突き留めました。

 

闇ルートで手に入れた銃を片手に霧島の家に一人で潜入する沢村。遂に素顔の霧島と対面しましたが逆に追い詰められ何処かの部屋に監禁されてしまいます。
監禁した部屋で霧島は1000ピースのパズルを沢村に作らせます。ある程度完成すれば部屋の鍵を開けるパスワードが解る仕組みです。

 

妻と息子に会いたい一心でパズルを作りだす沢村。
定期的に食事としてハンバーガーを与えられますが何日も監禁されてる為にすっかり衰弱してしまいます。
虚ろな意識の中で彼は自分が家族にしてきた仕打ちを悔い改めます。
仕事を良い訳に将太の誕生日を一度も祝わず、遥が二人目を流産した事も知らなかった沢村に対し霧島は「お前はあの女の心を醜くじっくりと殺していったのさ」とあざ笑い彼の精神に追い打ちをかけるのでした。

 

やっとの思いでパズルを作りあげ、判明したパスワードは[EAT]

EAT・・・食べる・・・自分が食べてきたハンバーガーを見て最悪な結末を予感しながら部屋の鍵を開ける沢村。
ドアを開けた先は夥しい血で汚れた調理室。その冷蔵庫の中には遥と将太の首が....

そこへあざ笑いながら現れるカエルマスクを被った霧島。発狂して最早彼を殺す事しか考えらなくなった沢村。

 

死に物狂いで追いかけ遂に霧島を追いつめ、今すぐ発砲しようとしますが、マスクから微かに漏れてくる声からその人物が遥である事に気づき駆け寄ります。

 

先ほど見た二人の首は霧島が精密に作った偽物だったのです。
彼が遥に用意した私刑は「お仕事見学の刑」。毎日必死で働いてる夫を捨てた彼女に最も友好的で残酷な結末を与える為に夫である沢村に彼女を殺させる気だったのです。
こんな結末は自分の流儀に反するとして将太を人質にし沢村に遥を殺す様脅迫する霧島。

彼によるとエンディングは三つ用意しており一つは沢村が自分を殺して家族全員が普通に暮らすハッピーエンドか。

二つ目は沢村が妻を殺すエンディングか。

そして三つめは沢村家全員が霧島によって死に絶え、天国で仲良く暮らすエンディングか。

 

にしても彼が作ってたハンバーガーは結局人肉ではなく普通の肉だったのでしょうか?

沢村は隙を突いて霧島に発砲も同時に自分も銃弾も浴び重症を負います。

業を煮やした霧島は遂に3人纏めて射殺しようとするも、沢村を追って来た刑事仲間達が自宅を包囲、室内に乗り込んで来ました。
慌てて庭へ逃走するも外は快晴。マスクを着用してなかった霧島は直射日光を浴びてしまいす。
途端に顔は醜く爛れ腫れあがりもがき苦しむ霧島。その場で蹲るも、逮捕後また裁判によって大勢の人間が自分の作品(被害者の遺体)を見てくれる事を期待しながら意識を失うのでした。


『幼女樹脂詰め殺人』の真実も含め世間に暴露された今回の事件。

霧島はその後入院しましたが最後は搬送先の病院で姉の幹絵(演:市川実日子)に毒殺されました。
彼女によると霧島の光過敏症(実際、光過敏症に心因性は普通無いらしい)に心因性による物だそうです。
あまり多くは語られませんでしたが、この体質のせいで霧島は悲惨な人生を送って来たが故に大きく歪んでしまったのは間違いないでしょう。


事件から日が経ち、
沢村家は無事元の生活に戻る事が出来ました。今までの反省と言う事で、遥と共に将大の学校の運動会へ足を運んだ沢村。
カメラを構えながら徒競走中の息子を全力で応援します。ようやく家族全員が解り合い、幸せなひと時を楽しむ夫婦二人。
しかしこの時、彼等は気が付きませんでした。


翔太が自分の首筋を何度も掻きむしってた事に...


◆感想


原作コミックは未読ですが、この映画を十分楽しむには未読の方が無難な様です。

度が過ぎた殺人鬼と刑事の死闘と言う、今では珍しくない単純な構成ですが目を見張る展開は多く、後味も決して良くありませんが面白く観れました。
この映画には「あなたは最悪な結末を期待する」と言うキャッチコピーが有ります。
霧島の家でハンバーガーが出てきた途端、真っ先に「あ、これは家族ハンバーグにされたな」と思いついた辺り、私もキャッチコピーの思惑通り
最悪な展開をある意味期待してしまった視聴者の一人でしょう。
助かってほしいのは一番ですが、こう言うジャンルの物は最悪の結末も十分在りうるので。

 

沢村が遥の流産を知らなかったと言う点は原作にはないオリジナル要素だそうです。
これでより沢村の家族への関心の薄さが強調されました。遥の友人に居場所を聞く祭、かなり無神経な事も言ってましたし。
一家の大黒柱として「男は仕事第一」と考える方は居ると思いますが、せめて息子の誕生日ぐらいは祝うべきでしたね。
しかし家族を持つ者なら誰でもやってしまいそうです。

 

カエル男・霧島を演じたのは妻夫木聡さん。スキンヘッドで眉毛も無くメイクで塗られた顔の痣のお陰ではじめは誰が演じてるか全く解らず
視聴後に妻夫木さんと知った時はかなり驚いた物です。凶悪な殺人鬼を見事に怪演してましたよ。

 

他の裁判員には聞く耳持たずな犯行だったのに何故沢村の家族だけ殺害方法が違ってたのか、疑問に浮かぶ部分は有ります。
これをただの御都合主義と取るか霧島の考えを試行錯誤するかで捉え方が変わるでしょう。

 

被害者達は確かに悲惨な結末を迎えましたがそれと同じぐらい悲惨なのは冤罪で自殺した大橋だと思えます。

霧島は確かに殺人鬼としては恐ろしい男ですし彼の考えは通常の人間では到底共感出来ません。したいとすら思いません。
しかし狂気的な方法で幼い子供を殺害したと知った時、普通なら誰もが突発的に加害者を裁きたくなるでしょう。

 

法律や殺人事件にも脈絡の浅い僕らの様な一般人(素人)が、下手な正義感ばかりが優先され碌に調査もせず被告人を一方的に責めたくなります。
現実味の薄い霧島の考えよりも、日頃平凡な日常を過ごすも突然裁判に関わる事になった裁判員の考えの方が一番共感し易い筈。
その深く考えない素人達の下した判決が、大橋茂の様な罪の無い人間を自殺にまで追い込んだ。

 

終盤、名も知らぬフリーライターが遥に対し「無実の人間を自殺に追い込んだ気分は如何ですか?」と質問し答えられず逃げ去るシーンが有ります。
一見常識知らずな質問ですが、彼女達裁判員も霧島と同等・殺されて当然の事をしてしまったのです。

 

そして現実では自分の思う通りの判決が下らなかった場合、何者かが加害者の個人情報を調べ上げSNSで拡散すると言ったニュースは多く、これも一種の私刑の内に入る筈。
これが本当に裁くべき罪人ならまだしも、冤罪で世間に罪人扱いされたとしたら。現在、冤罪による被害者をケア出来る法律が十分整ってるとは言い難いこの日本。

 

在宅中でもピッキングで侵入し標的の部屋に監視カメラを仕組み徹底的に被害者を分析した上で始末する霧島は確かに恐ろしいです。


しかし慈悲の必要のないシリアルキラー、濡れ衣と言う誰もが起こしうる罪を行う一般市民、本当に恐ろしいのは一体どちらの方がでしょうか。