★ 流れ星の器 ★

本ブログは基本、私・巽★敬が拝見したエンターテイメント(映画、ドラマ、アニメなど)感想、自作のイラストや小説などを掲載していくブログです。時々関係無い日記も書くかもしれませんが、お気軽にお越しください。pixivでも活動中です。https://www.pixiv.net/member.php?id=925764

感想 ガンダムビルドダイバーズ #01「Welcome to GBN」

gundam-bd.net久々に毎回感想を書きたいと思えるアニメに出会ったので。
一応、第一話から録画などで毎週追っており、この感想も2ヶ月くらい前から大部分が出来てました。

未完成でしたが折角なので、今からでも毎回書いて追い付いていこうかなと。

プロローグと 第1話が公式で無料配信されてます。その後の話は一週間の期間限定配信です。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

◆主なストーリーの流れ
ガンプラバトル・ネクサスオンライン。略してGBNは自らが造ったガンプラを電脳仮想空間「ディメンション」内で操作し
様々なバトルやミッションを楽しむ世界規模のネットワークゲーム
GBNのプレイヤー達は「ダイバー」と呼ばれディメンション内でガンプラを通じて交流を深めていた。

小学生(多分)のミカミ・リクは親友のユッキー(ヒダカ・ユキオ)に誘われGBNのエキシビジョンマッチを観に行く。
そこで華麗に戦うチャンピョン、クジョウ・キョウヤに憧れを見出し自らもチャンピョンの様なダイバーになる目標を掲げる。
やがて月日は流れ中学2年になったリクは親から許可を貰い晴れてGBNデビューを果たすのだった。


◆新作のガンプラアニメ
ガンプラバトルをメインにしたTVアニメはこれで3度めですが前作、前々作である「ビルドファイターズ」「ビルドファイターズトライ」とは世界観の脈略は無いそうです。
あちらではプラフスキー粒子と言う架空の物質を使ってガンプラを直接動かしてましたが今の時代となってはGBNの設定の方がかなり現実味を帯びてます。

 

リクが扱うガンプラガンダムダブルオーダイバー。ガンダム00に登場した主人公機の改造機です。放送10周年を記念して選ばれたのでしょうか。
00は自分でも好きな分類であり、声優の宮野真守氏(ウルトラマンゼロ刹那・F・セイエイなどを担当)を知った作品でもある為こうして再び刹那の機体が活躍出来る姿を見ると感情深い物です。
私は宇宙世紀シリーズどころかその他のガンダムシリーズタイトルも全て見てる訳ではなく、大体の知識はゲームや調べて熟知と言う形です。

因みに私が過去に全話観たガンダムタイトルはSEED、SEEDディスティニー、00、鉄血のオルフェンズ
DVDではX、SEEDスターゲイザーです。
と言っても好きな分類である00もかなり前の作品ですしそこまで詳しく覚えてるとは言えません。

クジョウ・キョウヤの操るガンプラはガンダムAGEIIマグナム。
ガンダムAGEの主人公機、ガンダムAGE-2のカスタム機です。 00と言いAGEと言い、ビルドファイターズよりも2010年以降のMSが多く活躍してます。

自分が仕上げたガンプラはGBN内の格納庫に収納され実物のサイズで見上げる事が可能。
非情に理想的なシチュエーションですがこれで未処理ゲートやらシールの剥がれやらあったら恥ずかしそう。


☆登場人物
◆リク/ミカミ・リク  声:小林裕介
使用ガンプラ:ガンダムダブルオーダイバー
主人公。チャンピョン、クジョウ・キョウヤに憧れて以降幾つものガンプラを制作。
印象としては嫌味も無く爽やかです。下手な演技で腹が痛いと苦しむドージを心配し助けようとする程心優しい一面も有り。
初めてのガンプラバトルは苦戦しながらもユッキーとの連携により見事勝利。
のっけからナイフ投げで武器を落としたりとっさの判断で隙を突くのでバトルセンスは申し分無さそう。

 制作技術も天才的なテクニックを持ってると言う訳でもなくまだまだ初心者と言う感じして好感が持てます。

◆ユッキー/ヒダカ・ユキオ 声:藤原夏海
使用ガンプラ:ジムIIIビームマスター
リクの友達。かなりのガンダムオタク。過去にはガンプラのコンテストで賞も貰った事も。歳も近いのでビルドファイターズのセイ君と気が合いそう。
ガンダム知識は豊富と言えどGBN自体は初めてである為、格納庫やカタパルトで感激するシーンはとても共感出来ます。しかし14歳でジムⅢを選ぶとは何とも渋いセンス。
因みに演じてる藤原さんはガンダム 鉄血のオルフェンズマクギリス・ファリドの幼年時も担当してたとか。

 

◆ヤシロ・モモカ 声:稗田寧々
女子サッカー部所属でリクの同級生。「可愛いは正義」と言う女子らしい感性の持ち主。運動神経抜群なリクを度々サッカー部に引き入れようとしている。ガンダムについての知識は浅い。

 

◆サラ 声:照井春佳
リクとユッキーが出会った不思議な娘。何故かGBN内で倒れていて救難信号を発する。
「貴方のガンプラはまだ諦めてない」等ガンプラの気持ちを感じ取れるような物言いが多く謎めいてます。
リクは何か奇妙な感覚に魅かれて00ガンダムガンプラを選びました。これも彼女と関係が有るのでしょうか?
声を演じるのは照井春佳さん。私の好きな作品の一つ「結城友奈は勇者である」の主人公を演じてました。

 

◆ナナセ・ナナミ 声:伊藤かな恵
模型店「THE GUNDAM BASE」の店員さん。気さくで面倒見の良く、リクとユッキーとは旧知の仲ではあるけどガンダム知識は疎い。
演じる伊藤かな恵さんはガンダムAGEではルウ・アノン、ソードアート・オンラインではユイ、とある科学の超電磁砲では佐天涙子などを演じてました。

 

◆マギー 声:村田太志
初心者である彼らをサポートしてくれるのは世界ランク23位の強豪ダイバー、マギーさん。物凄くいかつい体格に刺激的な服装のアバターですが、
この服デザインがソレスタルビーングよりなんですね。
本人曰くバトルで強くなるコツは、ガンプラ作りの腕、高い操作技術、愛。
初心者に対するただのお節介を自称します。ドージに勝利したリクとユッキーを抱きしめて大泣きする姿は良い人過ぎて逆に心配したくなります。
因みに声を演じる村田太志さんはガンダム 鉄血のオルフェンズノルバ・シノを担当してました。あれ程に女に餓えてた男がオネエになるとは。

 

◆ドージ 声:松岡禎丞
使用ガンプラ:ゼダス
リクを強引にバトルに引き込んだ初心者狩り、ドージ。序盤の相手にはふさわしい小物ですね。実際でもこう言う輩は居るから何とも面倒です。
そんな彼が使うガンプラガンダムAGEに登場したゼダス。主人公側の敵対勢力が扱っていた量産型MS、ガフランの後継機にあたります。
最後はリクの起点により負け惜しみを吐いて敗北。とは言え小人物の為かまた再度登場する模様。
ネットワークゲーム繋がりですが、松岡さんはソードアート・オンラインの主演でキリトを演じてたとの事。

 

パトリック・コーラサワー 声:なし
ディメンション内のダイバーは皆自由自在に見た目を設定出来るアバターです。連邦やジオン、ザフトの軍服や原作のキャラクターの私服等を着たダイバーたちが多数存在します。
中にはピキリエンタ・ポーレスと言う人外キャラまで(嘗てSDガンダムのアニメに出たキャラだそうです)。
そんな中一人ガンダム00に登場したパトリック・コーラサワーと全く同じ容姿をした人物の姿を確認。
原作では幾度となく戦闘に敗れても次の戦闘では何事も無く登場してた事から周りからは皮肉も交えて「不死身のコーラサワー」と呼ばれた、
作中でも色んな意味で視聴者にインパクトを残した男です。
原作の活躍もあってあれ程そのままな姿で現れてしまっては笑いが込み上げるしかありません。

ゲームの世界、アバターと言う設定のお陰で原作のキャラを違和感無く登場させるのは良いですね。
この様にガンダムビルドシリーズはガンダムでは決して有り得ない死者が出ることの無い明るいバトル、
ファンならば思わずニヤリとしてしまう小ネタが幾つもの取り入れられてるのが魅力なのです。

好感が持てるキャラが多く良いスタートを切ったと思える1話でした。
しかし何等かのバグなのか倒した筈のリーオーが奇襲をかける等、少々きな臭い部分も有ります。