★ 流れ星の器 ★

本ブログは基本、私・巽★敬が拝見したエンターテイメント(映画、ドラマ、アニメなど)感想、自作のイラストや小説などを掲載していくブログです。時々関係無い日記も書くかもしれませんが、お気軽にお越しください。pixivでも活動中です。https://www.pixiv.net/member.php?id=925764

アベンジャーズ エンドゲーム 感想

marvel.disney.co.jp

ほんの少しだけネタバレ有りです。

 

全て視聴した訳ではありませんが長きに渡ってこのシリーズを追って来た者として今回の映画は正に総決算。

2008年から公開されたアイアンマン一作目から今年2019年まで20作品以上のMCU作品の設定の多くを広い集めた物語。

 

悲惨な過去、友人、愛人、家族。これまでアベンジャーズ達が蓄積してきた事を見て来た者ならば話が尽きないでしょう。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVERでも言えた事ですが、こうやって長年シリーズを追い求めてくれた方への感謝・ファンサービスと取れる様な演出をされるのに自分は弱いです。見て来てよかった、そう思えるので。

 

しかし同時にその分悲しい結末を迎えた者も居ます。
その結末を迎えた人物のファンは凄まじい喪失感を覚えるでしょう。
それでも私はそんな喪失感を覚える事さえも応援してきた故の感情なので悲観的に捉える気は有りません。


これを見る前に今まで見て来たMCUをある程度見直して置けば良かったなと少し心残りが有ります。
特にキャプテンマーベルは未視聴でしたので。
ソーやアントマン、ガーディアンオブギャラクシーの映画も幾つか見視聴の物が有ります。

 

兎に角これによりMCUという一つの映画界の歴史の区切りが出来ました。
とは言え今年の夏にはスパイダーマン:ファー・フロム・ホームも公開予定であり、今後もMCUはまだまだ続くようです。

あれだけのスケールの出来事が起きたのだから最早エンドゲームで有終の美を飾っても良かった気がしますが、残念ながらあの世界にはまだまだ倒すべき敵、解決しなくてはいけない問題が山積みです。

 MCUの世界でヒーローが必要とされる限り戦いは終わらない様です。

 

それでも今はただ「お疲れ様」としか言いようが無いですね。